Skip to content
お問い合わせ 会則・規定等

【スキー山岳部・スキー部OB・OG会】山岳部史刊行の道のり

2017年度の総会で、スキー山岳部のあゆみを形として残していこうという声が上がり、スキー山岳部史作成委員会ができ3年が経ちました。ここにスキー山岳部史「礎」を刊行させることができました。原稿書きではおぼろげな記憶をたどりながらの執筆でした。当時の資料や写真を多数提供いただき、現役時代にタイムスリップしたような気持ちにさせていただきました。多くの方々からご協力をいただいたおかげで、無事刊行に至りました。

 スキー山岳部史「礎」には、昔の良き時代の山行やスキー合宿、海外登山まで幅広い活動が掲載されています。大学図書館に寄贈させていただきましたので、ぜひご覧いただきましたら幸いです。

スキー山岳部史刊行までの道のり

スキー山岳部史「礎」について 建物をその上に建てる土台の石 基礎となる大事な物事 使い方 今日の繁栄の礎を築く 人生の礎 大学開学とともに創設されたスキー山岳部の歴史を礎として、これからもスキー部が発展していくために、応援していきたいと思います。    

2017年11月 総会でスキー山岳部史の作成の声が上がる。

      11月 冊子内容アンケート実施

2018年 3月 合宿記録

       4月  第一回原稿依頼

       6月  冊子レイアウト

       9月 表紙シンボル画

         原稿、資料、カットなどデータ化

     11月 スキー山岳部史作成の中間報告

2019年 3月 第二回原稿依頼

      5月 業者選考・依頼(名港印刷)

      6月 第一回協力金のお願い

      9月 第二回協力金のお願い

     11月 OBOG総会で現時点での原稿を見ていただく

2020年 1月 最終原稿確認 冊子レイアウト完成

      4月 業者に発注

      5月 冊子内容の調整

         冊子の申込数の最終確認

     10月 冊子出来上がり

         冊子申し込み者に送付

     11月 大学学長、理事長、同窓会、図書館へ寄贈

(2) 冊子のレイアウト

 ①発刊に寄せて             ⑨当時の主な出来事と新入部員

 ②発刊を祝う              ⑩山行記録

 ③スキー山岳部創設期の山行       ⑪思い出の一コマ

 ④スキー山岳部の思い出         ⑫スキー山岳部部員一覧(掲載可のみ)

 ⑤ダイナミックスキー部        ⑬資料提供者、協力者、指導助言者

 ⑥合宿の思い出・エピソード       ⑮編集後記

 ⑦海外遠征

 ⑧スキー山岳部からスキー部へ

Sidebar