Skip to content
お問い合わせ 会則・規定等

鶏(南米チリ原産アロウカナ)の産卵

66E 名倉満雄

自然農法の農園を見学した折、そこで鶏を飼っているのを見て、急に鶏を飼ってみようと思い立つ。鶏に飼育については66Eクラスメートの中村君を思い出す。さっそく彼に連絡を取り、若鶏2つがいを貰い受けた。あろうことか南米チリ原産アロウカナのいう品種で、青味がかった卵を産むらしい。
ネットと廃材で鳥小屋を造って飼育を開始したのが、11月8日のことであった。毎日のお世話の甲斐あって12月7日に1つ、9日に1つ、13日に2つ、14日1つ、15日3つと快調に産卵を始めた。めでたしめでたし!ということでアップしました。
DSCN7463.jpgDSCN7454.jpgDSCN7457.jpg

Sidebar